女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する食べ物がバストアップに効果的!

バストアップをしたい、でも胡散臭いサプリやクリームを使うのには躊躇しているという人も多いでしょう。

そのような人のために、食べ物を使ったバストアップの方法をご紹介します。

皆さんが普段、何気なく食べている食べ物の中に、実はバストアップ効果が期待できる食材がいろいろとあるわけです。

まずは「豆乳」です。豆乳は、言わずと知れた大豆食品の中の一つです。

大豆には、大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。

大豆イソフラボンを体内に吸収すると、女性ホルモンに似た働きをすると言われています。

化学構造的に見て、女性ホルモンのエストロゲンに似ているのです。

このため、女性ホルモンが活性化されて、女性らしい体型に徐々に変身できるわけです。

豆乳の場合、コップに入れて飲むだけなので、簡単に摂取できるところも大豆食品の中でおすすめの理由です。

また、「きなこ」が大豆食品の一種であることをご存知でしょうか?

きなこは大豆に火をかけて粉末状にした食材です。

大豆に効果があるということは、きなこにもバストを大きくする効果が期待できることになります。

きなこを摂取するときにオススメなのは牛乳と混ぜて飲む方法です。200㏄の牛乳に大さじ3杯混ぜるのがポイントです。

この飲み物を摂取することで、たんぱく質も効率的に摂取できるので、ハリのあるバストを手に入れられると言います。

バストアップの効果があるとは一見信じられないような食べ物も、実は効果が期待できる場合もあります。

たとえば、キャベツです。

キャベツと聞いて、「あまりバストに関係ないのでは?」と思う人もいるでしょう。

なぜキャベツに高い効果が期待できるのかというと、ボロンという成分が関係しています。

ボロンを摂取すると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する効果があると言われています。

このため、女性らしい丸みを帯びた体型に変身できるのではないかと考えられているのです。

ちなみにキャベツを摂取するときのコツとして、大豆食品と一緒に摂取することです。

そうすれば、両者の相乗効果を高く期待できます。

カロリーの低い野菜なので、多く摂取しすぎても体に悪影響が出る可能性が低いのも魅力です。