バストをマッサージして、血流をスムーズにして女性ホルモンをアップ!

バストアップ方法はいろいろと紹介されていますが、その中でも多く紹介されているのはマッサージをするという方法です。

マッサージをすることでリンパや血液の流れをスムーズにします。すると、女性ホルモンの分泌量がアップして、バストサイズが上がるのではないかというわけです。

バストマッサージをするのであれば、お風呂の中で行うのが効果的です。

お風呂に入っている時は体が温められますし、血行も良くなります。その状態でバストアップマッサージをすれば、より高い効果が期待できます。

お風呂でのバストアップ方法は、以下のような流れで行ってください。

まず、右手で右胸を軽く持ち上げます。そして左手で、右胸の外側から内側に向かってマッサージしましょう。

この時、円を描くようなイメージでマッサージをしてみてください。

同じ要領で、今度は左胸の方をマッサージします。

そして胸の中央から外側に向かって、バストラインに沿ってマッサージをしましょう。

この時、マッサージをしながら軽く上に持ち上げるのがミソです。

今度は、右手を右胸の下に、左手は上に置きます。

そして右手は外側、左手は内側に向かってクロスするようなマッサージをしましょう。

左胸もその後、同じような感じでマッサージをします。ここまでがお風呂で簡単にできるバストアップ方法です。

また、ハンドタオルがあれば、それも利用できます。

まず、ハンドタオルをお風呂で温めます。そして硬く絞ったハンドタオルをバストの上に置きましょう。

こうすることで、バスト周辺の血管を温めて、血行を促進することができます。

夏場、猛暑の時にシャワーだけで済ませてしまう人も多いでしょう。

湯船に入ってしまうと、体がほてってしまい、なかなか寝付けなくなるからです。

バストアップマッサージをするなら、できれば入浴した方がいいのですが、暑くて入浴できないのであれば、上に紹介したハンドタオルを使った方法を行ってください。お風呂に入ったのと同じような効果が期待できますよ。