体脂肪率が20%以下の人なら太ってバストアップするのもありです!

ダイエットをしたことによってバストがしぼんでしまったという話を聞いたことはありませんか?

確かに、このような現象は十分に起こり得ることです。

バストの大半は脂肪でできているので、ダイエットをして脂肪を燃焼させると、バストが小さくなってしまう恐れはあります。

では、逆のプロセスで「太ることによってバストアップすればいいのではないか?」と考える人も出てくるでしょう。

確かに、太ることによってバストに脂肪が溜まり、結果的にバストアップすることも可能です。

モデルのように元々スレンダーな体型の人が、バストアップのために太るのは良いでしょう。

多少太ったとしても、それほど大きくスタイルが崩れることもありません。

また胸に脂肪がつくことで、それまでより多少グラマーになる可能性があります。

しかし、体の特定の部分だけに脂肪をつけることは難しいですよね。バストの他にもいろいろなところに脂肪がついてしまう可能性の方が高いです。

たとえば、二の腕やウエスト、太ももに脂肪がついてしまう可能性は十分にあります。

そうすると、胸が大きくなっても体形が崩れるので、コンプレックスは解消されません。

インターネットのサイトを見てみると、体脂肪率20%が境界ラインになってくるようです。

アナタの体脂肪率が20%を切っているのであれば、太ってバストを大きくするアプローチはあながち間違っていません。

しかし、すでに体脂肪率20%を超えているのであれば、別に体重をわざわざ増やす必要はありません。

では、体脂肪率が20%を超えている人は、どのようにしてバストを大きくすればいいのでしょうか?

それは、二の腕やウエストなどの贅肉をつけたくないところを意識してエクササイズをする方法です

いらない脂肪は燃やして引き締めて、脂肪のついてほしいバストをサイズアップするエクササイズを行いましょう。

また、胸の形を整えるために、マッサージなどのケアも怠らないようにしてください。