医療現場でも使用されている近赤外線の光を利用するバストアップ法!

バストアップの効果があると謳っているエステサロンの広告を見たことはありませんか?

そのようなエステサロンの施術を見てみると、「光豊胸」と呼ばれる施術を実施しているサロンが多いです。

光豊胸とはバスライトと呼ばれる特殊な光を照射することでバストアップ効果を引き出す方法です。

この光は近赤外線の光を使用していて、医療現場でも使用されています。安全性が高く副作用を伴うこともありません。

光豊胸では、まず胸の脂肪細胞の周りにある組織液の浸透圧に作用します。

その結果、脂肪細胞が肥大化します。

このため、バストのボリュームを高める効果が期待できるわけです。

その他にも、バスライトを照射することで、胸回りの血液やリンパの流れを改善させる作用があります。

このため、乳房周辺の栄養供給の効率がアップして、バストアップ効果が期待できるわけです。

それからバスライトをクーパーじん帯と呼ばれる乳房を支えているじん帯に照射することで、じん帯の強化ができます。

クーパーじん帯を強化することで、ハリのあるバストに変身させることができます。

光治療の魅力は色々なバストの悩みに対応できるところにあります。

もともとバストの小さい人はもちろんのこと、痩せていてバストも小さい人、加齢でバストが垂れ下がってしまった人に対しても高い効果が期待できます。

しかも豊胸手術のように体にメスを入れることは一切なく、バストのサイズをアップできます。治療の期間も短いですし、費用もそれほど高くありません。

光治療のデメリットとして、光を照射することで胸に多少の負担のかかることが指摘されています。

また人によっては胸の痛みを訴えたり、照射する人の技量に問題があると火傷してしまったりすることもあります。

最新の器具を使って施術を受ければ、このような問題が起きるリスクも最小限に抑えられますが、光治療の施術実績のあるところで施術を受けるように心がけた方がいいでしょう。