痩せているのに胸だけデカイ女性は乳腺が発達している!

体は痩せていても、バストだけはしっかりとした大きさを保てている女性を見かけます。

グラビアアイドルと呼ばれる女性の中には、女性がうらやむような体型の人もいますね?

他は痩せているのに胸だけはしっかりとした大きさを保てている理由は乳腺が発達しているからです。

乳腺は、乳房全体にまるで枝を伸ばしているような感じで張り巡らされています。

乳房がきれいなお椀型に維持されているのは、この乳腺の力によるところが大きいのです。

乳腺は通常20代をピークに発達して、そこから徐々に衰える傾向があります。

しかし、成長期を過ぎた大人の女性でも、あきらめることはありません。

実は、マッサージをして刺激を与えることによって、乳腺の衰えを食い止めることができます。

その結果、バストアップの効果も期待できるようになるわけです。

では具体的にバストアップをするためのマッサージには、どのような方法があるのでしょうか?

それは、乳房を全体的にマッサージすることです。

マッサージをするというと、強めの力で刺激した方がより高い効果を期待できるのではないかと思う人も多いようです。

しかし、乳房のマッサージをする時には、強めの力は一切必要ありません。

むしろ、必要以上に強い力でマッサージしてしまうと、皮膚などを傷める結果になりかねません。ですから、あまり力を入れないことです。

また、素手のままだと摩擦によって皮膚を傷める可能性があるので、クリームやジェルを塗ってマッサージをするといいでしょう。

クリームやジェルも、自分好みの香りのものをチョイスしてマッサージすれば、リラックスできるのではありませんか?

また、ツボを刺激する方法もあります。

壇中(だんちゅう)と呼ばれるツボが、胸の中心にあります。

両乳首の延長線上と体の中心の線が交差するところにあるツボです。

両手の指先を使って、このツボに3回ほど刺激を与えてみましょう。

この時、ゆっくりとツボ押しすることで、より高いバストアップ効果が期待できます。