寝ている間に寝返りでクーパー靭帯が切れることもあります!

ブラジャーをつけないで眠っている人も多いのではありませんか?

眠るときにブラジャーを装着すれば、締め付けもあって寝苦しくなってしまうと感じる人もいるでしょう。

しかし、眠るときにブラジャーを装着することでバストアップ効果が期待できます。

なぜかというと、ブラジャーを装着することで、バストアップ効果や胸の形を美しい状態に保てるメリットがあるからです。

女性のバストは「クーパーじん帯」というじん帯で支えられています。

このクーパーじん帯は寝返りなどの振動で切れることがあるのです。

そうすると、胸を支えることが難しくなって、バストの形が崩れたり、小さくしぼんでしまったりします。

このため、眠っているときでもブラジャーを装着した方がいいのです。

最近のブラジャーの中には、ナイトブラと呼ばれる商品が販売されています。文字通り、夜眠るときに装着するブラジャーのことをナイトブラといいます。

ナイトブラは通常のブラジャーより締め付けを弱くしています。

このため、ブラジャーを装着していても快眠できるようになっているのです。

また、ブラを胸に装着することで、1枚多く布でカバーすることになります。このため、女性の大敵である冷えから体を守る効果も期待されています。

バストアップやバストの垂れを防ぐためには、ナイトブラを装着することは大事です。

その他にもキレイで大きなバストを維持したいのであれば、寝方も意識してみましょう。

寝方の基本は、あおむけで眠ることを意識しましょう。

女性の寝方を見てみると、横向きに眠る人が結構多いようです。

しかし、横向きに眠ってしまうとバストの脂肪分が下に垂れてしまいます。

また、うつぶせ寝をしている人は即刻辞めるべきです。

バストが自分の体重で押し付けられる格好になります。

そうすると、バストの脂肪が上下左右に散らばってしまって、胸がより小さくなってしまいます。

脂肪はちょっとしたことでも簡単に移動してしまうことを意識して、眠り方も考えましょう。

いくつになっても美しい胸の形を保ちたかったら、ナイトブラをして仰向けで寝る寝方がベストです。