豊胸手術なんてしてません!合掌のポーズをしただけです!

グラビアで長く活躍したタレントとして、ほしのあきさんが有名ですよね。

彼女はウエストはしっかりとくびれていて、胸はしっかりと出ている女性が憧れる体形をしています。

しかし、彼女のことをデビュー当時から見てきた人にしてみると、意外な感じがするかもしれません。

というのも、ほしのあきさんはデビューした時にはスレンダーで巨乳を売りにするグラドルではなかったからです。

このため、「豊胸手術をしたのではないか?」という疑惑が出たこともありました。

しかし、彼女は豊胸手術ではなく、独自のバストアップ法を実践することでグラマーなボディを獲得しました。

ほしのあきさんが実践したバストアップ法とはエクササイズです。

しかも、大胸筋にターゲットを絞ったエクササイズを長年続けることで、バストアップに成功したのです。

エクササイズというと、スポーツジムなどに行かないといけないのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、彼女が行ったエクササイズは非常に単純で、合掌のポーズをすることで大胸筋を鍛えるというものです。

両手の掌を合わせて合掌をします。そして両手に力を入れて押し付けるようにするエクササイズなのです。

こうすることで、大胸筋に負荷をかけることができます。その結果、胸を大きくできるわけです。

バストが大きくなるだけでなく、大胸筋を鍛えることで胸を持ち上げることも可能です。

年齢を重ねると、どうしてもバストが垂れ下がることにコンプレックスを抱く人もいるでしょう。

しかし、大胸筋を鍛えることで、いつまでもツンと上を向いた若々しいバストを維持できます。

ほしのあきさんの豊胸疑惑ですが、テレビ番組に出演した際に自身でそのことを否定しています。

番組内で胸の部分のCTスキャンを撮影までしましたが、もし何かを入れているのであれば、CTでその異物が見つかります。

しかし彼女の場合、一切異物は発見されませんでした。つまり、自分の努力でバストを大きくしたわけです。